ページ内を移動するためのリンクです

5月 試合結果等

第105回日本陸上競技選手権大会・10,000m
(5月3日(月・祝)静岡県袋井市 小笠山総合運動公園 エコパスタジアム)

男子10,000m(A組)20:24スタート(出走者32人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 伊藤 達彦 Honda 27分33秒38 東京五輪内定
2 田澤 廉 駒澤大学 27分39秒21
3 鈴木 芽吹 駒澤大学 27分41秒68
7 井上 大仁 三菱重工 28分03秒39 入賞
OP クレオファス・カンディエ 三菱重工 27分43秒07 ペースメーカー

選手コメント

※写真クリックで拡大表示され前後に送れます

井上選手

  応援ありがとうございました。記録は納得のいく結果ではありませんでしたが、昨シーズンから課題としていた序盤の流れに乗れたことに加え、終盤粘って入賞できたことは少しずつ良い方向に向かっていると実感できました。全体の流れに負けないよう今後も更にレベルを上げていきます。

井上選手

カンディエ選手

  安定したペースメイクの走りを披露。

カンディエ選手

READY STEADY TOKYOー陸上競技(東京2020テストイベント)
(5月9日(日)東京・国立競技場)

男子 5,000m 19:20スタート(出走者14人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 市田 孝 旭化成 13分27秒73
2 クレオファス・カンディエ 三菱重工 13分29秒33
3 相澤 晃 旭化成 13分29秒47
12 的野 遼大 三菱重工 13分47秒12

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

カンディエ選手
カンディエ選手「写真提供/月刊陸上競技」
的野選手
的野選手「写真提供/月刊陸上競技」

選手コメント

カンディエ選手

  今回のレースは優勝と自己記録更新を目標に走りました。
結果は2位と優勝を逃し、目標タイムで走ることはできませんでしたが、レース展開は考えていたイメージ通りに走れましたので良かったと思います。
次のレースも頑張ります。

的野選手

  せっかくのTV放送でしたが、見せ場も作れず、自己記録も更新できずに反省だらけの走りとなりました。
レース毎に動きが良くなっている実感はありますが、それでもライバル達に遅れをとっているので、現状に満足せずに更に上を目指していきたいと思います。

第64回九州実業団陸上競技選手権大会
(5月22日(土)~ 5月23日(日)福岡県北九州市 鞘ヶ谷陸上競技場)

記録(1日目):5月22日(土)

男子 1,500m 16:00スタート(出走者13人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 舟津 彰馬 九電工 3分41秒88 大会新
2 的野 遼大 三菱重工 3分47秒11
3 小田部 真也 黒崎播磨 3分48秒56

選手コメント

的野選手

  今回のレースは自分が終始先頭に立ちペースを作る展開になりましたが、その中で余裕を持って走ることができず、ラスト勝負で競り負けて2位という結果になりました。
レースの度に課題が浮き彫りになっていますが、順調に良い練習ができているので、1ヶ月後の日本選手権に向けて更に練習に励んで行きたいと思います。

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

的野選手
的野選手
男子 10,000m(1組) 17:50スタート(出走者18人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 今井 正人 トヨタ自動車九州 29分30秒78
2 川元 涼央 黒崎播磨 29分37秒84
3 山口 武 西鉄 29分55秒91
9 木滑 良 三菱重工 30分22秒96
13 岩田 勇治 三菱重工 30分41秒72

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

木滑選手
木滑選手
岩田選手
岩田選手

選手コメント

木滑選手

  コロナ禍での貴重なレースでしたが、最初から身体が重く、上手く調整できませんでした。それでもしっかり粘れば自分の目標としていたタイムは出せたと思います。
再度しっかりと練習を積み、今後のレースに臨みたいと思います。

岩田選手

  応援ありがとうございました。
前半は落ち着いてレースを進める事は出来ましたが、後半に集団から離されてからの粘りが全く効かず、今回も苦しい走りとなってしまいました。
苦しい状態が続いていますが、気持ちを切らさず体調を上げていきます。

男子 10,000m(2組) 18:25スタート(出走者26人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 有村 優樹 旭化成 28分40秒31
2 小野 知大 旭化成 28分41秒05
3 右田 綺羅 トヨタ自動車九州 28分42秒99
4 目良 隼人 三菱重工 28分44秒91
6 吉岡 遼人 三菱重工 28分47秒74 自己新(10秒34更新)
9 吉田 裕晟 三菱重工 29分04秒66 自己新(4秒64更新)
17 江島 崚太 三菱重工 29分27秒64

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

目良選手
目良選手
吉岡選手
吉岡選手
吉田選手
吉田選手
江島選手
江島選手

選手コメント

目良選手

  今回のレースは最初から後方で余裕をもってレースを進めました。
ラスト6周前で我慢出来ずに先頭に出たところから急に苦しくなりました。記録はセカンドベストと最近の調子からみたら良かったと思います。
コロナで試合が無くなったりしているので、一戦一戦を大事にしていきたいと思います。

吉岡選手

  今シーズン初めての10,000mで、しっかりと自己ベストを出せて良かったです。
レースは、前半先頭を引っ張り後半耐える展開でしたが、積極的に勝負したところは良かったと思います。
しかし、勝ち切らないと意味がないので、後半の粘り、切り替えを今後の課題に練習に取り組んでいきたいと思います。応援ありがとうございました。

吉田選手

  6年ぶりに自己記録更新できましたが、目標の28分50秒を切れず、とても悔しく思っています。
今回、後半にレースペースが変化したときに対応できなかった点など、多くの課題がありました。
もう一度体を作り直し、次のレースでは目標タイムを切れるように頑張ります。ご声援頂きありがとうございました。

江島選手

  今回のレースは6,000mまでは集中してレースを運ぶことができましたが、そこから急に苦しくなってペースを維持することができませんでした。
しかし、ラスト1,000mからの切り替えは出来たので、中盤以降の走りが課題だと思います。
今後の課題として改善し、次のレースに活かしていきます。

男子 10,000m(3組) 19:40スタート(出走者23人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 ベナード・コエチ 九電工 27分45秒44
2 マゴマベヌエル・モゲニ 旭化成 27分56秒24
3 大六野 秀畝 旭化成 28分07秒81
7 井上 大仁 三菱重工 28分13秒38
10 定方 俊樹 三菱重工 28分31秒90 自己新(3秒17更新)
13 山下 一貴 三菱重工 28分35秒15

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

井上選手
井上選手
定方選手
定方選手
山下選手
山下選手

選手コメント

井上選手

  応援ありがとうございました。
今回も日本選手権とほぼ同様のレース展開となってしまい、自己ベストに届きませんでした。
スピード持久力を上げていくことは簡単ではありませんが、少しずつできることは増えてきているので、殻を破れるよう今後も地道に取り組んでいきます。

定方選手

  昨年11月の10,000mから連続して自己ベストを更新でき、力がついていることを感じています。
厳しい状況の中、大会を開催して頂き、自己ベストとして記録を残せたことを感謝しています。
今後も少ないチャンスをしっかり結果に残せるよう準備していきます。

山下選手

  今回は自己ベスト更新を目標に臨んだレースでしたが、結果は自己ベストから4秒遅れと少し届きませんでした。
しかし初戦と比べてタイムもレース内容も良かったので、次回こそは自己ベスト更新して走れるように頑張りたいと思います。
応援どうもありがとうございました。

記録(2日目):5月23日(日)

男子 5,000m(2組) 12:50スタート(出走者17人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 市田 宏 旭化成 13分50秒71
2 細谷 恭平 黒崎播磨 13分56秒10
3 福本 真大 九電工 13分57秒20
13 栗原 卓也 三菱重工 14分46秒11

選手コメント

栗原選手

  今回のレースは、イメージしていたような走りができませんでした。
入社して1回目と、2回目のレースが上手く走れて結果を出せていたため、とても悔しいです。
しかし、今回のレースを通して課題が分かったので次のレースにつなげられるよう頑張ります。

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

栗原選手
栗原選手