ページ内を移動するためのリンクです

7月 試合結果等

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021 第2戦 深川大会の結果
(7月7日(水)北海道深川市 深川市陸上競技場)

男子10,000mC 17:50スタート(出走者28人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 中西 亮貫 トーエネック 28分52秒76
2 中村 大聖 ヤクルト 28分55秒49
3 竹ノ内 佳樹 NTT西日本 28分56秒87
5 吉田 裕晟 三菱重工 28分57秒42 自己新(7秒24更新)

選手コメント

吉田 選手

今回のレースでは、辛くなってからの粘りとラストスパートをしっかりと切り替え、29分を絶対に切るという気迫を持った走りができたと思います。しかし、ラスト2周でレースが動いたときに先頭から離れてしまった事など次の網走大会に向けて修正しなければならない事もありました。次は5,000mレースで13分50秒切りを達成できるように、調子を整え挑戦します。ご声援頂きありがとうございました。

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

吉田選手
吉田選手
吉田選手
吉田選手
男子10,000mB 19:15スタート(出走者28人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 潰滝 大記 富士通 28分11秒09
2 べナード キマニ コモディイイダ 28分15秒88
3 小松 巧弥 NTT西日本 28分18秒32
22 目良 隼人 三菱重工 29分24秒40

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

選手コメント

目良 選手

今回のレースでは序盤からキツく途中で回復する事もなく終わってしまいました。中2日でレースがあるので次に向けてしっかりと立て直したいと思います。

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

目良選手
目良選手
目良選手
目良選手
男子10,000mA 20:30スタート(出走者27人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 サムソン ディランゴ 流通経済大 27分43秒58
2 カマウ チャールズ カランジャ NTN 27分45秒90
3 パトリック マゼンゲ ワンブイ NTT西日本 27分49秒94
12 定方 俊樹 三菱重工 28分34秒65
19 山下 一貴 三菱重工 28分54秒50

選手コメント

定方選手

今回はハイレベルなA組に分けられたため5,000mも初めて13分台で通過するなど27分台を狙うペースに挑戦しました。結果、自己記録まで3秒ほど足りませんでしたが、今後に繋がる価値のあるレースでした。このペースを維持できる距離を少しでも伸ばせばすぐ自己記録は出ますし、もっと記録を狙える手応えを掴めました。まだ1戦残っていますが、引き続き強くなる試行錯誤を続けたいと思います。

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

定方選手
定方選手
定方選手
定方選手

山下選手

今回のレースでは前半はいい動きができていたのですが後半でペースを維持することができず目標としていた自己記録更新はできませんでした。ペースメーカーのペースがよかっただけに単純な実力不足を感じるレースとなったので、夏にしっかりと走りこんで秋にいい結果を残せるようにしたいと思います。ご声援頂きありがとうございました。

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

山下選手
山下選手
山下選手
山下選手

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021 第3戦 網走大会の結果
(7月10日(土)北海道網走市 網走市営陸上競技場)

男子5,000mB 16:55スタート(出走者30人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 ボニフェス ムテチ 仙台育英高 13分45秒37
2 エドウィン キプケモイ SGホールディングス 13分45秒37
3 今井 崇人 旭化成 13分46秒67
9 吉岡 遼人 三菱重工 13分55秒49
14 山下 一貴 三菱重工 14分00秒24
24 目良 隼人 三菱重工 14分19秒70
27 吉田 裕晟 三菱重工 14分29秒84

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

吉岡選手
吉岡選手
山下選手
山下選手
目良選手
目良選手
吉田選手
吉田選手

選手コメント

吉岡選手

今回のレースでは、13分45秒を目標としていましたが、結果は13分55秒と自己ベスト更新ができませんでした。課題としている3,000m以降の粘りがまだまだできないので、消極的にならず、積極的な走りで、千歳大会ではしっかりと自己ベスト更新ができるように頑張ります。

山下選手

前回のレースからそれなりに疲労も抜けた状態で臨みました。しかしスピード感を取り戻すことができず、3,000m以降思うような走りができませんでした。結果14分00秒と昨年とほぼ同じタイムとなりました。動きの感覚が悪いとは思っていないのでこのまま練習を積んで力をつけていきたいと思います。

目良選手

今回のレースも序盤から体が動かず、後半かなり失速してしまいました。今回のホクレン2レースとも、課題の残るレースとなりました。その課題をしっかりとこの夏で無くしていき、秋からのレースでは、しっかりと自己ベストを狙える体に仕上げたいと思います。

吉田選手

今回のレースでは序盤の2,000mでキツくなってしまい、その後立て直すことができずゴールとなってしまいました。前回の10,000mレースで疲労が溜まっていたこともあり、ペースの落ちを抑える走りができなかったのは、自分の力不足です。夏を通してスタミナの無さを克服できるように力を付けます。

男子5,000mA 17:55スタート(出走者29 人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 ドミニク ランガット コニカミノルタ 13分27秒10
2 鈴木 芽吹 駒澤大 13分27秒83
3 イマヌエル キプチルチル 倉敷高 13分28秒11
19 的野 遼大 三菱重工 13分56秒76
22 定方 俊樹 三菱重工 14分00秒94

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

的野選手
的野選手
定方選手
定方選手

選手コメント

的野選手

中盤以降粘れずに、不甲斐ない結果となりました。気持ちを切り替えて、次の第5戦千歳大会1,500mでは自己記録更新を目標にして頑張ります。

定方選手

前回のレースダメージが強く残ってしまい、自分の納得する我慢と粘りもできず14分かかってしまった事は残念です。しかしこのホクレン遠征は非常に価値があるものでした。前期の試合はこれで終了ですので、これから約3か月間、秋以降の駅伝、マラソンへ向けてしっかり走りこみます。

男子10,000m 19:35スタート(出走者30人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 ジェームス ムオキ コニカミノルタ 27分35秒59
2 ムソニ ムイル JR東日本 27分52秒93
3 西山 和弥 トヨタ自動車 28分08秒46
12 井上 大仁 三菱重工 28分33秒06

選手コメント

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

井上選手

今回は不甲斐ない走りをしてしまいました。他チームのレベルが上がっていく中でエースとしてチームを鼓舞する走りをしなければならない立場である以上、どのような状況でも結果を出していく必要があります。この夏でもう一度自分自身と向き合いながら走り、秋以降また結果を残していきます。

井上選手
井上選手

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021 第5戦 千歳大会の結果
(7月17日(土)北海道千歳市 千歳市青葉陸上競技場)

男子5,000mD 15:30スタート(出走者27人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 菖蒲 敦司 早稲田大 13分52秒46
2 篠原 倖太朗 駒澤大 13分53秒92
3 川田 裕也 SUBARU 13分56秒52
11 吉岡 遼人 三菱重工 14分05秒92

選手コメント

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

吉岡選手

自己記録更新を目標に臨んだホクレンDCでしたが、後半粘り切れずに終わってしまいました。前半シーズンはこれで最後となり、悔しい結果で終わりましたが、この夏しっかりと走り込んで、後半シーズンに同じ課題を持ち込まないよう頑張ります。

吉岡選手
吉岡選手
男子1,500m 16:55スタート(出走者14人)
順位 選手名 所属 記録 備考
1 河村 一輝 トーエネック 3分35秒42 日本記録
2 佐藤 圭汰 洛南高校 3分37秒18 日本高校記録
3 坂東 悠汰 富士通 3分37秒99
4 的野 遼大 三菱重工 3分39秒35 自己新(2秒47更新)

選手コメント

※写真クリックで拡大表示され前後送れます

的野選手

今回、千歳大会の1,500mでは目標としていた3分40秒切りを達成することができました。しかし、トップは日本記録を更新しており、同じレースを経験したことで、自分の現状に満足してはいけないと、更にモチベーションが上がりました。今後の糧とし、夏の走り込みや秋以降のレースも上を目指して頑張っていきます。

的野選手
的野選手